つぶやき・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書 そして森瑶子さんについて

<<   作成日時 : 2017/07/30 17:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 6

本を読む毎にPCサイトの「ブクログ」で集計をしているのだけれど、今月の読書量を見てビックリした。
1ヶ月で9冊読んでいた。
ま、一冊のページ数の多少にもよるし、今回は200〜250ページの軽い本で私の通常の400ページ前後の本と比べたら薄い本ではあるのだけれど…。
暑い中歩いて本屋に行くのも億劫で、昔読んだ本を読み返したのが全員女性の著者になった。

小川洋子・森瑶子・角田光代・柳美里・篠田節子(他5名の方達の短編集)
中でも森瑶子さんの本は5冊読んだ。
私は小説が好きでエッセイは殆ど読まないのだけれど、この方のエッセイ「愛の記憶」は華麗な生活を実現させ現代の私達に無くなってしまったエレガントで女性らしく知的でお洒落な森さんがいらっしゃる。

画像

彼女が亡くなったのは1993年。
ニュースで癌で無くなったと聞いた記憶はあるけれど、実際に彼女の本を読んだのはもっと後だった。
「風と共に去りぬ」を人生の節目に読みながら続編を書くのが夢だったそう・・・。
私も本の面白さを実感したのが、高校生の時に読んだ「風と共に去りぬ」だった。
気性が激しく自己破滅型ではあるスカーレットだけれど、生活力のあるスカーレットに私も魅力を感じている。
彼女の訳書に「スカーレット」があるそうな、是非読んでみたいと思う。

今は時代物でこれも女性、北原亜以子著短編「その夜の雪」を読書中。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
一か月で9冊は驚きだー その後目の調子はどう?
イエちゃんはメガネなしで本が読めるからいいねぇ〜
昔は世界文学全集・・・沢山読んだねぇ〜。
「風と共に去りぬ」「アンナカレーニナ」
「嵐が丘」「ジェーンエアー」「大地」
「人間の絆」「女の一生」まだまだ・・・。
イエちゃんもうめこも文学から色々学んだもんね

うめこは最近図書館で借りることが多くなって
先月は 岡部伊津子(随筆家)を三冊と俳句の本二冊借りたわ。
借りるのだと少々高い本も読めるし、借りても今一つなら返しちゃえばいいしね
で これは!!って気に入れば購入

おとといも行ったんだけど今回は子供用の紙芝居借りてきたわ〜
RDも来るし、暇つぶしに紙芝居やさんになろうかと
うめこ
2017/07/31 11:14
「風と友の去りぬ」は一世を風靡した小説ですね。高校生の頃に読んで、アメリカ女性の強さと理解しましたが、今では女性の強さと感じています。3回ぐらい読み直したような気がします。それだけ気になるスカーレットの生き方でした。映画も見ましたが、「あ、違うよ、監督」と思うような解釈の仕方が一部あって、ちょっとガッカリでした。
arara
2017/08/01 01:26
うめちゃん>当然の事なのかも知れないけれど、学生の時の方が沢山純文学と言われる本を読んでいたわね。
最近はとんとご無沙汰でサスペンスや現代作家の物ばかり…。
そう言えばTVで林修先生が「岩波文庫が沢山置いてある書店は良い書店なんだ」と言っていた。岩波文庫は返品が利かなく買取だそうな。
イエティ1号
2017/08/01 08:52
araraさん>おはようございます。
araraさんも高校時代に読んでいらしたのですね。
3回もとは凄い…。
私も映画を観ましたが、ストーリーは本の中のほんの一部で、当然の事ながらあの長編の全てを映画にする事は不可能ですが、私は監督の解釈までは分からなかったけれど物足りなさは感じました。
私は以前はどんな素晴らしい映画でも原作にはとてもかなわないのだ、とずっと思っていましたが、最近になって本には無い物を映像として楽しめば良いのだと思う様になって、切り替えて映画も楽しめる様になりました。
araraさんのコメントと外れちゃってごめんなさいね
イエティ1号
2017/08/01 09:00
こんばんは〜
もう何年前になるかな・・
私も読みました「風と共にさりぬ」「大地」
「夜明け前」・・・色々な作家を乱読の時がありました。
この頃は少々根気がなくて〜
ちょっぴり数年前の事を思い出しました。
つむぎ
2017/08/01 23:34
つむぎさん>こんにちは。
コメントありがとうございます。
つむぎさんも「風と共に去りぬ」四でいらしたのですね。
そうそう私も「大地」を読みましたよ。
これもかなりの長編でしたね。
高校時代は日本の小説より海外の物が多かったです。それもこの「風と共に去りぬ」が影響している様です。
「夜明け前」は確か島崎藤村でしたね。
あの頃は日本文学はちょっと難しそうと勝手に思って敬遠していたようです。
社会人になってから丹羽文雄や井上靖さんの本をよく読みましたね〜。
そう思うとホントに最近はこういった本を読んでいませんね〜
イエティ1号
2017/08/02 17:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書 そして森瑶子さんについて つぶやき・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる